舞鶴市の上羽たたみ店です♪(舞鶴の畳屋上羽畳店) 困った時は


困った時は

○〜をこぼしてしまった、つけてしまった!


○インク
牛乳で湿らせ拭き取ります。

○醤油
乾かないうちに小麦粉をかけ水分を小麦粉に吸わせます。
十分吸い込ませた後叩いて浮かせてから掃除機で吸い込ませます。

○おしっこ
量が多い場合は雑巾などで吸い込ませます、この時こすらないように水分を吸うようにさせます。
その後小麦粉をかけ残った水分を小麦粉に吸い込ませます。
十分に吸い込ませた後たたいて浮かせてから掃除機で吸い込ませます。
その後お湯で絞った雑巾でよく拭きその後良く乾燥させます。

○クレヨン
布にクレンザーをつけ拭き取ります。

○マジック
マニキュアの除光液で拭き取ります。



○タンスなど家具の後が凹んでしまった。

雑巾を凹んだところに乗せスチームアイロンをかける。
その後は良く乾燥させます。


○カビが生えた

エタノールを霧吹きに入れてカビの生えているところに噴霧してしばらくおきます。
エタノールはカビの胞子を死滅させますので効果があります。
その後に掃除機をかけます。
カビが酷くついている場合はエタノールを噴霧後カビが生えたところをブラシなどを目に沿ってかけた後に。
良く掃除機をかけてカビを吸い取ります。
その後もう一度エタノールを噴霧してよく乾かしておきましょう。
(エタノールは発火性がありますので使用のときは火のもとには十分注意をしてください。)

カビが生えたときに水で濡れた雑巾などでは拭かないようにしてください。
カビは水分を好みますので逆効果です。

カビが生えないように普段から部屋の換気をよくしてこまめに掃除機をかけるようにしてください。
カビ防止には湿度を下げる効果のある除湿器やエアコンのドライなどを使うことや掃除機をこまめにかけることによってカビが生える前にカビのもとを取り去ることになりカビ防止にはかなりの効果があります。


○タバコや線香の焼け焦げが出来た。

焦げは無くすることは難しいですが焦げ目から表が破けてしまわないようにしておいたほうが良いでしょう。
焼け焦げを紙やすり等で削りとり穴を木工用ボンドなどで固めてしまいます。
範囲が広い場合はその上をテープで止めてしまってください。

焦げ目が小さい場合は御相談ください。
表替えをしなくても焦げ目だけ上手く取って焦げ目がほとんど分からないようになることもあります。



これらの方法は完全に解決してしまうものではありませんがある程度目立たなくする事が出来ます。
あまり酷い場合はや応急処置が無理な場合は表替えをしたほうがよいでしょう。


畳の事で何か分からない事がありましたら電話やメールをいただければお答えさせていただきます




Copyright(C) 2007 舞鶴市の上羽たたみ店です♪All Rights Reserved